なんで食べないで生きてられるの

ファスティング(断食)が少しブームみたいですね。

 ファスティングで慢性病が治ったという例は実は昔からあって、ただ、西洋医学的には無視してきたように思います。


ファスティングを治療に取り入れるのは古今東西で見られます。

 ある意味、当たり前の治療法なのですね。

 しかし、治すことより薬を使うことが目的とも見える西洋医学ではこのような治療法は発想として出てこないのでしょうね。


治療法としてのファスティングとは別に、ほとんど食べない、あるいはまったく食事をしていないのに生きている人たちがいます。


最近ではそういう人たちの体験談が本になっています。

 昔はヨガの世界ではそういう人がまれにいましたが、今は普通の人でほとんど食べない人がいます。


栄養学的にはありえない量なのです。

 しかし、生きているし、けっして痩せこけているわけでもないのです。

 

厄払いとはなにか?

厄払いとはなにかって気になりませんか?
厄払いを調べると分かるのは本厄などの特に運気が下がる時期があるということです。


ですが、問題なのは、これらの運気が下がる時期には根拠が存在する点です。


たとえば病気になりやすい時期だったり転勤になりやすい時期だったり…
そういった事情があるので厄年と言うのは侮れないのです。


詳しくはココが良いでしょうね
厄払いとは?厄年と大厄の意味に恐怖せよ!
で、具体的な理由が見つかるのですがやっぱり気持ちに流されて運気が下がったり悪いことが起こりやすくなったりもしますよね。


ですからお祓いを受けるのも重要と言えます。


すくなくても気持ちの切り替えは出来ますし、何か起こっても『この程度で済んで良かった』と深く悩むこともなくなりますから。

渋滞

 朝9時に自宅を出て、実家へと向かいました。


予測の40キロまではありませんでしたが、20キロの渋滞と掲示板に出ていました。


高速道路に入った瞬間、ノロノロ運転と一時停止が続き、なかなか前へ進みません。


借りてきたDVDは3本で、再生時間にすると3時間弱です。


すでに自宅を出た直後から見始めていたので、到着するまでもってくれるか心配になってきました。


今まで渋滞して進まなかったかと思うと、急に時速60キロくらいのスピードで走行しだしたりと
本当に渋滞のメカニズムはわかりません。


そのうちに、普段だとつくはずの時間が過ぎて、子供たちは「あと何分でつく?」と質問ばかりしてきました。


やっとの思いで高速道路を降りましたが、一般道路も車が多くて、結局3時間もかかってしまいました。


渋滞しているときは、高速料金をもっと割り引いてほしいものです。


<おすすめ情報>
プロミス環状線御幸が原自動契約コーナー

足やせのために骨格のゆがみを治す

足が太いと悩んでいる方は何が原因か考えて見てください。


原因として考えられるのは、
むくみによって足が太くみえる。

骨格の歪みによって足が太くみえる。

などがあります。


むくみじゃない場合は、骨格の歪みのせいで血流が悪くなっている場合があります。


本来は脂肪がつかない場所に脂肪が蓄積されたりするのは骨格の歪みが原因の場合が多いんです。


例えば、正座をした時に左右の膝の高さが揃ってない方やいすに座ると同じ方の足ばかりを組む癖がある人などは骨格がゆがんでいる可能性があります。


本格的にゆがみを治すには、整骨院に通ったり、整形外科に通ったりという方法がありますが施術にお金がかかってしまいます。


それなら自宅で出来る骨格の歪みを治す方法を毎日に取り込んでいけばいいと思います。


簡単に出来る歪み直しとして、後ろ歩きはなかなか効果的だそうです。


これなら手軽にできますよね。

散歩のついでに時々後ろ歩きをする。

まわりに注意しながら1日20分程度を目安に歩いてみて下さい。


足やせのために気長に毎日続けていくことが大切です。

美人コンテストの始まりの国は?|意外な国です・・・。

美人コンテスト、いったいいつ、どこで始まったのでしょう?
では、世界で最初に美人コンテストを行った国はどこなのでしょう?
答えはベルギーです。


1888年9月19日にベルギーのスパで開催されたのが最初です。


350人の応募があり、まず、写真で予選を行い21人が最終コンテストに
出場したそうです。


コンテストは厳正かつに行われある新聞によると、
「出場者は当日まで別棟に全員宿泊していたため、
全く人目に触れなかった。

美の判定が行われる会場までは
全員が窓を閉め切った馬車で運ばれた。

」そうです。


1位の賞金5000フランはグアドループ島出身の18歳、
ベルクスーカレ嬢が獲得し、舞台女優の道を歩んだとのことです。


しかし、ベルギーが美人コンテストの始まりの国だったとは・・・。


以外でした。


ではでは。

<小澤征爾さん>長野・松本音楽祭の名称変更 来年から

指揮者の小澤征爾さん(78)が4日、東京都内で記者会見を開き、長野県松本市の夏の風物詩である音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の名称を、来年から「セイジ・オザワ・松本フェスティバル」に変更すると発表しました。


小澤さんの恩師である斎藤秀雄さんの名を冠して1992年以来、毎年開催してきましたが、今年が斎藤さんの没後40年、来年が小澤さんの生誕80年という節目を迎えることから決断しそうです。


斎藤秀雄(さいとう ひでお、1902年5月23日 – 1974年9月18日)さんは、東京府出身の日本のチェロ奏者、指揮者、音楽教育者として活躍した音楽家です。


斎藤秀雄さんの教え子が主体となってサイトウ・キネン・オーケストラやサイトウ・キネン・フェスティバル松本が創設されました。