亀田興毅の世界戦、判定前に放送終了?!

何かと目が離せない亀田興毅選手ですが
先日、ボクシングWBC世界バンタム級のタイトルマッチがありました。

亀田興毅選手の判定勝ちとなり、見事8度目の防衛となりましたが
判定前に放送終了となってしまい、
視聴者の皆さんは、判定の瞬間が見れませんでした。

試合中継をしていたTBSには電話が殺到。


しかも、判定負けした相手は採点方法に不可解な点があるとして
WBCに提訴を検討しているとの事。


せっかくの勝利にケチをつけられた亀田興毅選手は
それでも前向きに「まだ俺には運がある」とコメントしたそうです。

亀田興毅選手といえば、その独特な世界観のファッションを思い出します。


いわゆるヤンキーを彷彿とさせるファッションですよねぇ。

しかし、亀田選手、実は今年の春にガールズファッションショー
「東京ランウェイ」に登場していました。


なんとヤンキーファッションから突然、オシャレ番長に?!

実際の所は、ボクシンググローブとガウンをまとって登場。


ガウンを取ると、なんとも色鮮やかなショーツ一枚!という姿でした。

ファッションには時代の流れを切り取る働きと
時代の注目をグイッと集める働きとがありますが
亀田興毅選手の目が離せない感じ、これを取り入れたかったんでしょうね。

春にはファッションショーに登場し、
秋にはリングに登場する亀田興毅選手。


やはり、目が離せない存在です。