時代遅れのネズミ取り

警視庁がやっと認めたようですねぇ。


昔からおかしいと言われ続けたネズミ取り。

こんなところで取り締まりしたって意味ないんじゃ?って思えることが多かったですからね。


ただの点数稼ぎですよね、マジで。

これからは欧州式の住宅街に重点をおくことにしたそうです。


それは当たり前ですよね。

住宅地の方がよっぽど危険ですから。

さらに住宅街で制限速度を50キロから30キロに変更を検討しているそうです。


なんとこの変更すると歩行者の死亡率が80パーセントから10パーセント激減するそうです。

しかし、なんでこんなに効果があるのにやらなかったと言うと装置の問題だそうです。

今までのものは、大きすぎて住宅地には設置できず幹線道路沿いでの取締りが多かったそうです。

街中を猛スピードで走る車をよく見かけます。


こんな車こそ取り締まるべきです。

▼そんなに資金不足なんでしょうか、警察って。


今すぐ必要?!岡山県でキャッシングできる自動契約機