中国には大変多くの言語

中国には大変多くの言語があるのをご存じだろうか。

興味のない人ばかりだろうが、豆知識と思って聞いてほしい。

言語は大きく7つに分類され、北方、江蘇省、広東省、福建省、湖南省、江西省、各少数民族の言語と別れている。

因みに私たちが標準語と思っている北京語は北方言語に分類される。

この少数民族の言葉というのが曲者で、中国政府の民族認定はとても大雑把なのだ。

具体的に言うと血統など全く関係のない集まりを民族としたり、人口1000万を超える民族を少数民族認定する等。

人口1000万人とかそこらの小国より人口が多いのに、まったく何言ってんだという感じである。

いろんな意味で中国パネェ。