意味がわかるセンテンス

英語のヒアリング、日本人には苦手な方が多いですよね。


英語を読むことはできても、聞き取りができない。


そんな声を良く聞きます。


もし、外国人と話をする機会があって、勇気を持って話しかけたとしても、相手の答えが早口過ぎてさっぱりわからない。


実は、実際に話し方が早いのではなく、聞き取れていないからそのように感じるのです。


これでは、せっかく英語の勉強をしても会話にはならないですよね。


それに、よく「ヒアリングのできない英語は話せない」とも言われます。


それにしても、日本人は中学、高校と一生懸命英語の勉強をしているのに、なぜ英語のヒアリングができないのでしょうか?
でも、よく考えてみてください。


あなたは英語の授業で、どれだけ「生の英語」をヒアリングする時間がありましたか?
ほとんどないですよね。


そのような学習方法を身に付けてしまっているのは悲劇です。


だから、文法的に完璧な文章を組み立ててからでなくては、話ができないなんていうことになってしまうのです。


もちろん、英語のヒアリングなんて二の次です。


さらに、耳に入ってきた英語をカタカナに変換して理解しようとするクセもやっかいです。


英単語をカタカナの表記や、スペルだけで覚えてしまうとこうなりやすいです。


意味がわからないのに、ひたすら英語を聞いているだけというのも学習法としては正しくありません。


それでは音は聞けても、意味はわかりませんから。