太宰治の小説

太宰治という小説家は、誰もがご存知だと思います。


しかし、彼の小説を読んだことあるという人はどれくらいいるでしょうか。


走れメロスだったら、教科書に載っているので、みんな読んでいると思います。


走れメロスは、彼の小説にしては、明るい方です。


しかし、彼の特に晩年に書かれた小説は、暗いものが多いです。


その代表となるものが、人間失格でしょう。


この小説は一人の人間が堕ちていく姿を、克明に描いています。

かなり主人公の心理描写がリアルで思わず惹きこまれます。


と同時に、もしかして自分も人間失格なんじゃないだろうか、と読者に思わせてしまいます。


読んだほとんどの読者にです。


これはかなりすごいことです。


人間失格は、今ならネットで無料で読めます。

是非読んでみてください。